洗濯機がドアを通らなかった件

先日、我が家の洗濯機が遂に、遂に壊れたんです。モーターがウィーンと鳴ってるけど、ドラムが回転せず。

2年前にも一度壊れて修理してもらったんだけど、その時、メンテナンスに来た技術の人が「次回壊れたら、買い替えた方がいいですね」と。

修理費用をかけるより、新しい洗濯来を買った方が、総合的に判断してお得ですよって。

そう言われたのをしっかり覚えていたので、今回は即座に新しい洗濯機を検討し始めました。

一番の願いは、節水なんだけど、いわゆる前からあるタイプの上にフタがついてる全自動は、たとえ最新のものにしても、さほど節水にならないみたい。

水を使うのが少ない機種って、すごく高くて。そりゃー欲しいけど、よく考えてみると、家族の下着と普段着とパジャマと、寝具とタオル類程度しか洗わないんだから、そんな高い洗濯機は必要ないとお言えるんですよね。

仕方ないので、今回も高級洗濯機は見送って、50,000円前後のタイプを選びました。

納品の時、本当に焦ったのは、洗濯機を設置する洗面所へのドアを洗濯機が通らないということ。

ドアも洗濯機も標準的なサイズだと思うんですが・・・作業員さんが汗だくで、結局は洗面所のドアを外して通し、またドアをつけるという離れ業をやってくれたおかげで何とか設置することが出来ました。

次の異動も控えてるけど、ここから洗濯機を出す時はもう一度ドアを外さなくちゃいけないのかしら?それを考えると結構憂憂鬱で。

そういえば新品を買う前に、他県に住む親戚に、ほぼ新しい洗濯機を譲るからどう?と言われて。

その時、洗濯機だけを引越すにはどういう方法があるかとか具体的にかなり調べて、このサイトは結構参考になりました。⇒洗濯機の引越し

話を元に戻すと、次の引越しの時には、洗面所のドアを外さないと洗濯機が出せないということ。

でも、今回の作業員さんのように、慣れてる人ばかりではなさそうなので。色々考えると次の転勤引越しはかなり面倒になりそうだなあと感じています。