荷物を増やさないのが最大のコツかも

転勤妻としてのキャリアを積んでるあやかです。

何か気をつけてることがありますか?なんて旦那の会社の後輩奥さんに聞かれることがあるんですけど、それはズバリ「家具を増やさない」「家具は減らす」「物を減らす」ですかね。

引越しで悩ましい存在は大型な家具類。冷蔵庫、洗濯機は仕方ないにせよ、一人で持ち運べない家具が多いと、引越し料金も高くなりがちで、予算にも影響します。

大きいテレビ台とか、ソファの前に置くテーブルとか、寝室のベッド脇の台とか、タンス的な衣類を入れるチェストとか。

こういったものはできる限り無ければ無いでなんとかなる生活を心がけてますね。処分したものもあるし。

あとラグとかカーペットなども捨てました。
意外にかさばって重いんですよ。こたつとかホットカーペットとかね。

衣類は備え付けのクローゼットの中におさまるしか持たない、のがポイント。

とにかく大型家具だけではなくて、持物を増やさない、一つ買ったら一つ捨てるという習慣が大事。

世の中断捨離ブームで、俳優の高橋英樹が、バケツまで捨てたとかいって話題になってますが、無ければ無いでなんとかなるもの。

我が家も夫の転勤回数が増えるにつれて、むしろものは減ってます。

例えば娘の幼稚園の洋服やバッグをかけるようなラック。

実家から買って送るとか言われて断りましたから。靴のラックも不要。

とにかく、しまえるだけしかもたない、というスタイルに何とか次の転勤迄にたどり着くのが極意かなとアドバイスしています。

ものって新しいのがどんどん出て、洋服でも家電でも、欲しくなるけどね。

私は夫の転勤で1番よかったのは、物を持たない生活に慣れたことでしょうか。

別にミニマリストを目指してるわけでは無いけれど、シンプルな生活って快適なんですよ。いつも家の中も片づいてるし。

スッキリしてるって精神衛生上、かなりいいですよ。おすすめ。

そうそう、冷蔵庫の中もいつもかなりスッキリしてます。
絶対捨てないで使い切る派ですから。

ただ、絶対に断捨離できないのが仏壇。

まだ夫は若いけれど、義両親が30代後半でようやく出来た一人息子なので案外高齢。残念ながら両親は他界してしまっているので、我が家に仏壇があるんです。

都市型というか、コンパクトサイズなんでリビングにも起きやすいサイズ。とはいえ、荷物ではないので、引越しの時には必ず専門業者をお願いしてます。

引越し費用の節約なんか関係ないやって思えるくらい高額ですが、これは大事にしないといけないことかな、必要経費だなと思ってるので。

最初に引越す時に、仏壇の引越しについて詳しく書いてあるサイトを参考にしました。知らないことも色々あって、勉強にもなりましたよ。⇒仏壇引越し

というわけで、話がそれたけど、引越し回数が増えれば増える程、物を減らすというのが転勤妻の知恵だと私は思ってるんです。

別に転勤妻じゃなくても、お家の中の断捨離って常に意識しておくと風水的にもいいんじゃないのかなとも思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です