もう引越ししたくない

娘が幼稚園に慣れるのにかなり時間がかかり、夏休みが終わったらまた嫌がり、ようやく笑顔でバスに乗れるようになった年少の秋。私もやっと娘がいない日中、ほっとできるようになりました。

今まで、毎朝のように泣かれて、バーゲンに行く気持ちにもなれなかったしね。
運動会はまあまあ楽しめたし、秋の親子遠足も、頑張って行かれたし、娘もずいぶん成長してきたなと実感しています。

同じマンションの仲良しさんともようやくお家を行き来して遊べるようになってきて、嬉しい限り。やっと幼稚園児って感じになってきましたね。

今まで既に3回引越してるけど、今回幼稚園入園を機会に、もう引越ししたくないなと強く思うようになってきて。

旦那は会社ですぐに仲間というか、同僚ができるし、仕事はマストだからなんとか馴染んでやってけるようになるのも早いけど、こっちはそうもいかないから。

どこに誰が住んでるかもわかんない土地で、情報も全然なくて。公園に行っても、同い年の子ども達は仲良く遊んでて、ママ友なんかはすごい仲良くなってて。

子育てしてるだけでも結構大変なのに、知らない土地に何回も引越して、またゼロからお友達作り。疲れますね~幼稚園に慣れるのにも相当時間がかかったわけで、また同じことをさせるのは私も辛いが、娘も気の毒。

せめて幼稚園卒園までは同じところで落ち着いて生活したいなーと願ってます。

今度転勤になったら、とりあえず、卒園までは単身赴任すればいいのにね、と密かに考えてるけど、まあ、そういうわけにもいかないから。

転勤族の妻、なんてひとくくりな言葉も聞くけど、それぞれの家庭でいろんな事情があって大変なのは皆同じ。キャリアを積んでる女性は転勤の度にそれを捨てていくのが当たり前みたいになってるし。

私はずいぶん前にキャリアの継続を断念した過去があるけれど、もし、転勤の殆どない人と結婚してたら今頃どんなになってるかなあと考えることはよくあるかな。

ダイバーシティとか言ってるご時世、これからは夫転勤、妻はキャリア継続で別居婚が普通でしょっていう時代になったらいいんじゃないのかなって思います。経済的にも行き来できるわけだしね。

話がすごい脱線したけど、いずれにしても、次の転勤はできるだけ先でありますようにと祈るこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です